ヘッドハンティングとは?成功報酬型の人材紹介サービスとの違いも解説

ヘッドハンティングとは?成功報酬型の人材紹介サービスとの違いも解説

トップマネジメントまで任せられる人材が欲しい、特殊な専門技術を有する人材を探している、そんなハイレベル人材を確保する手段のひとつにヘッドハンティングがあります。ヘッドハンティングの詳しい仕組みについては知らない、人材紹介サービスとの違いが分からないといった人事担当者もいるのではないでしょうか。ここでは、意外と知られていない採用手法としてのヘッドハンティングについて詳しく解説します。

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、転職意思の有無に関わらず、外部で働いている優秀な人材を自社へ引き入れる採用手法のことです。自社で行うケースもありますが、独自のノウハウや人脈が必要となるため、専門の会社に依頼するのが一般的です。ここでは、専門の会社に依頼するヘッドハンティングを前提に、そのメリットや種類を紹介します。

ヘッドハンティングと従来の人材紹介サービスとの違い

以下の表は、ヘッドハンティングと従来の人材紹介サービスとの違いを、まとめたものです。

zu2.jpg

手法の違いから、従来の人材紹介サービスを「登録型」、ヘッドハンティングを「サーチ型」とも言います。ただし、最近ではヘッドハンティングにも「登録型」が見られ、あらかじめヘッドハンティング会社のデータベースに登録している転職希望者から、マッチングを行ってスカウトするケースもあります。

料金体系の「リテーナー」とは日本語で着手金を意味する「リテーナーフィー」を指し、採用の成否にかかわらず発生する費用のことです。成功報酬型とは、採用が決定した場合にのみ費用が発生する料金体系です。ヘッドハンティングの料金体系はリテーナー型と呼ばれますが、リテーナーフィーだけではなく、採用に成功した際は成功報酬として紹介手数料も発生します。

ヘッドハンティングのメリット

  • なかなか採用できない希少人材を採用できる
    経営層や会社の大きなプロジェクトを任せたい人材を採用したい場合、失敗が許されません。応募がなかなか期待できないポジションも、ヘッドハンティングであれば、理想的な人材を探し出せる可能性があります。
  • 採用活動を秘密裏に進めることが可能
    求人募集が公にならないため、秘密裏に採用を進めることが可能です。例えば、競合他社に新規プロジェクトの存在を知られずに優秀な人材を募集したい、あるいは、社員に知られずに経営幹部クラスの募集をかけたいといったケースで有効です。
  • 転職市場に出てこない優秀な人材にアプローチできる
    高い技能を持つ人材や特殊なスキルを持つ人材は、転職市場になかなか出てきません。ヘッドハンティングは、さまざまなチャネルから人材を探し出すため、優秀な人材にアプローチすることができます。

ヘッドハンティングのデメリット

ヘッドハンティングの主なデメリットは、採用の成否にかかわらず初期費用が発生することです。また、転職の意思がない人もターゲットになるため、説得する必要があり、採用までに時間がかかるケースがあることもデメリットでしょう。

【資料ダウンロード】PRO-HUNT サービス案内

PRO-HUNT サービス案内
エグゼクティブ層から高度な専門職など一般的な転職マーケットでは採用できない人材の獲得をサポートする ヘッドハンティングサービスのご案内です。
他の人材紹介サービス・ヘッドハンティング企業との違いや、料金体系などをご紹介しています。

ヘッドハンティングの注意点

  • ヘッドハンティングが向いているか十分検討する
    ヘッドハンティングはある程度コストと時間がかかります。逆に言うと、コストと時間をかけなければ獲得が難しいような希少人材を採用する場合に効果を発揮する手法です。ヘッドハンティング会社に依頼する前に、ヘッドハンティングが本当に向いているのかどうか、十分検討する必要があります。
  • 求める人材像を明確にする
    ヘッドハンティング会社に自社のニーズに合った人材をサーチしてもらうためには、求める人材像を明確にする必要があります。

その際、求める人材像の要件が、「リーダーシップのある人」「協調性のある人」といった曖昧なものではミスマッチのリスクが生じます。「実績」「経験」「スキル」「資格」などをできる限り定量的に示すことを心がけると、そういったリスクを低減できます。

既述のとおり、ヘッドハンティングは初期費用が発生する分、従来の採用手法と比べてコストが高くなる傾向にあります。そのため、ある程度予算を確保できる企業でなければ利用は難しいかもしれません。

しかし、ヘッドハンティングが適したケースで上手に活用すると、成果の見込めない手法をだらだらと続けるよりも、結果的にコストも時間も抑えて希望の人材の採用につながる場合も少なくありません。その特性を理解して、上手に活用したいものです。

ヘッドハンティング会社の種類

ヘッドハンティング会社の種類は、ターゲットの違いにより主に次のように分けられます。自社の業界や求める人物像によって、適切なヘッドハンティング会社を選ぶことが大切です。

エグゼクティブサーチ型

経営者やトップマネジメントなど、ターゲットをエグゼクティブ層に特化した会社で、従来のヘッドハンティングというとこのイメージではないでしょうか。欧米で古くから見られるタイプで、欧米型とも言います。

フルサーチ型

一般的に業種、職種を限定せず、主にミドルマネジメント層をターゲットとしている会社です。なかには、希少スキルを持つ技術職や専門職を対象としているケースも見られます。

業界特化型

例えば広告業界、IT業界、医療業界などのように、特定の業界に絞ってヘッドハンティングをする会社です。

ヘッドハンティングの採用フロー

基本的にヘッドハンティング会社が採用活動を進めてくれますが、依頼する側もフローを理解しておきましょう。一般的に次のような流れになります。

  1. ヘッドハンティング会社に依頼
    自社の業種や求める人材像を得意としているヘッドハンティング会社へ連絡します。ヘッドハンティング会社が提示する提案書や見積書を確認し、納得できれば契約します。

  2. ヘッドハンティング会社に求める人材像を伝える
    求める人材像を詳細に伝えます。ここで求める人材像を正確に伝えることが、入社後のミスマッチを防ぎます。

  3. ヘッドハンティング会社がターゲット人材をサーチ・コンタクト
    ヘッドハンティング会社が独自で持っているネットワークや独自で開発したシステム、その他さまざまな方法を駆使して、ターゲット人材をサーチします。ターゲット人材が見つかれば、コンタクトを取ります。

  4. ヘッドハンティング会社が企業に紹介・面談を重ねる
    転職意思を確認できた、または案件に興味を示した人材を、ヘッドハンティング会社が企業へ紹介します。ヘッドハンティング会社が間に入って、双方で面談を重ねていきます。入社後のミスマッチやトラブルがないよう、しっかりと条件や入社意思の確認はもちろんのこと、求めることや期待している成果、本人のキャリアに対する考え方や社風に合うかなどしっかりと見極めを行います。

  5. 内定・内定者フォロー
    ターゲット人材の入社の意思が確認できたら内定を出し、都合を調整して入社日を決めます。内定から入社まで、ヘッドハンティング会社が手続きなどのサポートをしてくれます。

ヘッドハンティングの成功率を高めるため、求める人材像は明確に

なかなか採用が決まらないポジションがある、妥協せず自社のニーズに合った人材を確保したいなどの場合は、ひとつの手段としてヘッドハンティングを検討するのもいいでしょう。ただし、ヘッドハンティング会社によって業界や人材層などの得意分野が異なるので、依頼前によくリサーチすることが重要です。また、ヘッドハンティングはターゲットをピンポイントでスカウトするという特性があるため、求める人材像を明確にしておくことも大切です。

こちらの資料もおすすめです

PRO-HUNT
PRO-HUNT サービス案内
エグゼクティブ層から高度な専門職など一般的な転職マーケットでは採用できない人材の獲得をサポートする ヘッドハンティングサービスのご案内です。 他の人材紹介サービス・ヘッドハンティング企業との違いや、料金体系などをご紹介しています。

本コラムで取り上げている企業課題に関するご相談や、弊社サービスに関するご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
▶ WEBフォームでお問い合わせ

マンパワーグループのサービス一覧
https://www.manpowergroup.jp/client/serve/

■おすすめ資料ダウンロード一覧
https://www.manpowergroup.jp/client/serve/download/

関連記事